トップ

続々と誕生している日本の世界文化遺産について、近年世界遺産への登録が加熱しており2014年の富岡製糸工場、2015年の明治日本の産業革命遺産と登録についても年々増加しています。

世界文化遺産とは、ユネスコが、世界における遺跡や景観、自然など人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件について世界遺産リストに登録されたものになります。世界遺産については、文化遺産、自然遺産、複合遺産の3種類があります。文化遺産については、建築物や遺跡など人が作ったものになります。自然遺産については、地形や生物、それに伴う景観などを持つ地域の事です。世界遺産と世界文化遺産の違いに関しては、世界遺産における文化遺産のことを総称していることになります。

こうした世界遺産について登録を行うようになったのは、ユネスコの設立後、1954年にハーグ条約が採択されたことによります。この条例については、武力紛争や現存する文化財などに対して破壊するような行為を行うべきでないことを打ち出したものです。これをきっかけに国際的組織運営によって、歴史的に価値のある遺跡や建築物に対して保護する機運が生まれたのです。

世界文化遺産へ登録を行うことについて、登録を行うことで世界的にも認められたその国の遺産になることができます。日本国内においては国の史跡認定や重要文化財としての登録されることがありますが、これらは国内におけるものに留まります。そのため世界的に認められることは、ブランドとして確立することができます。また大々的に宣伝に使えるため、観光客の集客も行うことができます。それによる地域経済の活性化が期待できるため、市や県全体として数十年規模の時間をかけて登録まで活動していることは少なくありません。しかし認定から登録についても制約や審査などもあるため、すべてが登録されるとは限らないことや観光地化したことによっての遺跡や建築物への歴史的価値の低下などには懸念されていることもあります。

 
<div>サイト紹介</div>

おすすめ全身脱毛には他店では含まれない箇所がある店も
顔のうぶ毛も処理したい方は要チェック

会社設立相談なら大阪梅田駅直結のベンチャーサポートへ
平日夜・土日祝の相談もOKです!

横浜の引越しは近距離も遠距離もお得なムービングエス
お得なプランが多数あります!

スーツケースレンタルを利用で気軽に国内・国外旅行を
ケースをいくつも用意しなくてもいいから置き場所いらず

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です