暫定の世界文化遺産について

暫定の世界文化遺産とは、暫定リストなどと呼ばれている日本政府からの推薦待ちとなっているものの事を指しています。2015年現在、文化遺産登録に関しては9件、自然遺産については0件、拡張登録については1件となっています。
文化遺産の暫定リストは、北海道や青森県、岩手県、秋田県にある縄文遺跡群をはじめとして、新潟県の金を中心とする佐渡鉱山の遺跡群、東京都の国立西洋美術館本館、神奈川県の古都である鎌倉、滋賀県の彦根城、大阪府の百舌鳥・古市古墳群、奈良県の飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群、福岡県の宗像・沖ノ島と関連遺産群、長崎県の教会群とキリスト教関連遺産となっています。
拡張登録については、2011年6月に登録された仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群についてであり、2011年の登録時に除外されてしまった柳之御所遺跡をはじめとして、達谷窟、白鳥舘遺跡、長者ヶ原廃寺跡、骨寺村荘園遺跡と農村景観となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です