富岡製糸工場、10年がかかりの文化遺産登録

富岡製糸工場とは群馬県富岡市に位置している日本では初めての器械製糸工場となっています。1872年、明治期に開業に日本の産業文化の近代化について大きく貢献したことからも、日本の世界文化遺産登録が進められました。この登録については2014年6月の第38回世界遺産委員会で正式登録されおよそ10年がかりの歳月を経て達成されることになります。日本の近代化遺産の中では初の世界遺産に登録となり、翌年には明治日本の産業革命遺産も登録される運びになりました。
富岡市の市長に在任していた今井清二郎が強い関心を持ち片倉工業との交渉を行い、また群馬県知事である小寺弘之が、「ユネスコ世界遺産登録するためのプロジェクト」を公表し、三者合意の元で2005年に富岡市への寄贈が行われ、国の史跡に指定され、建造物については重要文化財に登録されます。日本の世界遺産暫定リストに記載されたのは2007年であり、プロジェクト発足から正式登録されるまでに長い月日の元で達成されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です