15個目の文化遺産誕生なるか

日本における世界文化遺産の15個目の登録について、長崎県の軍艦島を筆頭とした明治日本の産業革命遺産が2015年7月5日にドイツ西部の都市ボンで行われた第39回世界遺産委員会で登録が決定しました。このことは大きなニュースにもなり、話題になりました。どういった敬意で登録に至ったのでしょうか。
2008年に文化庁が北日本の縄文遺跡群や福岡県の宗像・沖ノ島と関連遺産群の追加申請を決めたことによって翌年の2009年に世界文化遺産の暫定リストに追加掲載されるようになりました。これを受けて正式登録を目指すべくして、同年の10月22日に「九州・山口の近代化産業遺産群専門家委員会提言書」が登録推進協議会の諮問機関である専門家委員会より提出されることになります。その際に資産の加除が提言し、一緒に申請するというシリアルノミネーションの形となりました。変更などもありましたが、2014年の推薦書正式版によって、8エリアの23の資産を登録することになりました。

西日本の文化遺産

“ユネスコに登録されている西日本の文化遺産は京都府の古都京都、奈良県の古都奈良と法隆寺、また和歌山県と奈良県と三重県にまたがっている熊野古道、兵庫県の姫路城、島根県の石見銀山遺跡があります。自然遺産に関しては鹿児島県の屋久島があります。また明治日本の産業革命遺産として登録されたものの中に長崎県の軍艦島、山口県の萩反射炉・恵美須ヶ鼻造船所跡・大板山たたら製鉄遺跡など、鹿児島県の旧集成館・寺山炭窯跡、佐賀県の三重津海軍所跡、長崎県の小菅修船場跡・三菱長崎造船所など、福岡県と熊本県の三池炭鉱・三池港、福岡県の官営八幡製鐵所、遠賀川水源地ポンプ室があります。
京都府の古都京都については京都市ではなく国宝建造物や名勝に指定されているものが構成遺産となっています。京都で有名な清水寺や延暦寺、教王護国寺、二条城などになっています。
奈良県の古都奈良と法隆寺について、法隆寺は日本で最初の世界遺産として登録されたことでも有名になっています。
和歌山県と奈良県と三重県にまたがっている熊野古道について、熊野三山である熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社に通じる参詣道のことであり、世界遺産において道が登録されるということは非常に珍しいものになっているのも特徴です。
兵庫県の姫路城については登録にあたって木造建築として非常に優れていることや封建制度における象徴であることなどが評価されています。
島根県の石見銀山遺跡については登録にあたっては難航しましたが、環境に配慮した補足紹介や外交活動を展開し産業遺産としても登録されアジア初となったことも話題になりました。”