15個目の文化遺産誕生なるか

日本における世界文化遺産の15個目の登録について、長崎県の軍艦島を筆頭とした明治日本の産業革命遺産が2015年7月5日にドイツ西部の都市ボンで行われた第39回世界遺産委員会で登録が決定しました。このことは大きなニュースにもなり、話題になりました。どういった敬意で登録に至ったのでしょうか。
2008年に文化庁が北日本の縄文遺跡群や福岡県の宗像・沖ノ島と関連遺産群の追加申請を決めたことによって翌年の2009年に世界文化遺産の暫定リストに追加掲載されるようになりました。これを受けて正式登録を目指すべくして、同年の10月22日に「九州・山口の近代化産業遺産群専門家委員会提言書」が登録推進協議会の諮問機関である専門家委員会より提出されることになります。その際に資産の加除が提言し、一緒に申請するというシリアルノミネーションの形となりました。変更などもありましたが、2014年の推薦書正式版によって、8エリアの23の資産を登録することになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です